1世代2世代3世代ピル

低用量ピルトリキュラー 通販は、日本では一番普及しているタイプのピルでバイエル社から発売されています。
ピルの成分である2種類のホルモンのうち1つは卵胞ホルモンはエチニルエストラジオールですが、黄体ホルモンはノルエチステロン・デソゲストレル・レボノルゲストレル・ドノスピレノンの4種類があります。
ピルは、含まれている黄体ホルモンの種類によって、「第1世代」「第2世代」「第3世代」と分類されています。
また世代とは別に、錠剤に含有されるホルモン配合量によっても「1相性」から「3相性」に分類されます。

トリキュラーは、「第2世代、3相性」のピルです。
低用量ピルを服用する目的と利点は、避妊・子宮内膜症の改善・月経困難症の軽減・月経血量の減少などです。

トリキュラーは、LNGという黄体ホルモンの作用で子宮の内膜が安定するため、服用中の不正出血の頻度が他の低用量ピルよりも少ない上、休薬期間中の月経が起こりやすいという特徴があり、月経困難症の治療薬として服用されています。
生理痛を訴える女性は、全女性の約50%にも及ぶと言われています。
そのうち子宮筋腫・内膜症などの婦人科特有の疾患が無く、日常生活に支障をきたし学校や会社を休んでしまうほどのひどい生理痛の場合を機能性月経困難症と言います。

従来は、市販や婦人科処方の強い鎮痛剤を服用し対処していましたが、低用量ピルの普及によりピルの服用により月経困難症を軽減することが可能です。