不妊治療にも用いられるトリキュラーの副作用

トリキュラーは、レボノルゲストレと呼ばれる黄体ホルモン剤と卵胞ホルモンと呼ばれる卵黄ホルモン剤の配合剤であり、ホルモン配合量の異なる3種類の薬剤を飲み分ける三相性低用量ピルです。
三相性低用量ピルには、月経サイクルの中間に黄体ホルモンが増える中間増量型と月経サイクルの後半ほど黄体ホルモン量が増える漸増型があります。
漸増型三相性低用量ピルであるトリキュラーは、自然のホルモン分泌パターンに近いので、体に対する負担が少ないのもメリットです。
トリキュラーの副作用は、頭痛や吐き気、腹痛などの症状が現れますが、体が慣れてくると症状が鎮静化するケースもあります。
注意すべき副作用としては、血液の一部が凝固して血管を詰まらせてしまう血栓症があり、特に肥満や高血圧症の場合静脈血栓症の発症リスクが高く、場合によっては喫煙者や40代以上の中高年の方は使用制限されるケースもあり、禁煙などの生活週間に気を付ける必要があります。
副作用の少ないトリキュラーですが、胸の痛みや視野が狭くなる、ろれつが回らない、急な脹ら脛の痛み、強烈な頭痛などの症状が発現するケースもあるので、その場合は速やかに医療機関の検査を受ける必要があります。
ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが混合しており、服用する事で排卵抑制や子宮内膜の増殖を抑える事による受精卵の着床抑制、子宮頚管粘液の性状変化などの作用により避妊する薬剤です。
ピルは、不妊症の原因にもなる卵巣膿腫や子宮内膜症など治療に用いられ、一定期間の服用で正常な生理周期のホルモン状態を体に記憶させて、正常な生理環境をつくり妊娠率を高め不妊症を改善します。
他の不妊症治療薬としては、質の良い卵子を排卵させる為の排卵誘発剤や成熟した卵胞が採卵前に排卵してしない様に排卵を抑制するGnRH剤などがあります。