不倫の時に気にしておきたいゲスターゲンとトリキュラー

もし不倫をしているのであれば、やはり妊娠は避ける事、これが最低限必要な事だと言ってよいでしょう。
確かに出産できる場合もありますが、そうではなくやむを得ず中絶を選択しなければいけなくなる事もあるからです。
中途半端な状態での妊娠は避ける、これはとても重要な事だといえます。
そういう時にも便利な物の一つがピルです。

現在産婦人科などで多く処方されているのがトリキュラーです。
ピルにはエストロゲンとゲスターゲンの両方が配合されており、トリキュラーも例外ではありません。
ゲスターゲンは黄体ホルモンとも呼ばれるもので、基礎代謝を高める働きなども期待できる成分となっています。
トリキュラーを服用する事で、生理周期を整え、さらに避妊の効果が期待できます。

ゲスターゲン自体は以前から避妊などにも使われてきましたが、それは正しく利用したからこそ効果を感じる事が出来るものです。
したがってトリキュラーを服用するときも、しっかりと毎日摂取し続ける事が重要です。
飲んだり飲まなかったりとまだらに服用すると、避妊効果がかなり低くなってしまうこともあるので注意しましょう。
飲み忘れに気づいて慌てて飲んでしまうとよく分からないことになってしまう場合もあります。
不倫をしていて妊娠を望まない場合は、できるだけ避妊効果を高くする為にもできれば毎日決まった時間に服用する方が飲み忘れを防ぐことが可能です。

ただトリキュラー自体は不倫のためだけに飲む薬ではありません。
例えば生理周期が乱れてしまっている人や、肌が荒れている人、さらに生理が重い人などにも効果が期待できる薬です。
もちろん既婚者でこれ以上妊娠したくない時などにも十分使う事ができる薬だと言ってよいでしょう。