日本産科婦人科学会とは

日本産科婦人科学会とは、1949年に日本婦人科学会と産科婦人科医学会が統合して、日本産科婦人科学会となりました。
ここでは、産婦人科専門医になる為の技能と知識を学べ、専門医認定試験等を行っている学会です。
女性医師を目指す女性を支援しており、より女性医師の発展を目指しています。
この学会が指定する病院の産婦人科の臨床を研修する事ができ、学会が実施する専門医認定試験を受ける事もできます。
研修プログラム等を設けており、学会発表を行なう事で、学会がさだめる単位を得る事ができます。
より優れた医療技術の開発を考え、発展と普及をするべく、日本産科婦人科学会は日々、研究を積み重ねています。
女性医療セミナーも行っており、女性医師のスキルアップさせる事を考え、産婦人科にも力を入れる学会でもあります。
インフルエンザや体外受精についても熱心に研究を重ね、女性の健康な体つくりを考えています。
健康週間を設けており、体と頭、心の3つの女性の健康について活動をしています。
生涯健康手帳を作成しては女性達に配ったり、様々なイベントも行っています。
気軽に一般の方も参加する事ができるイベントに行き、日頃の体の悩み等について語り合う事ができます。