ピルって何?トリキュラーって何?

ピルは避妊だけの薬じゃありません

ピルの説明をする女性医師

トリキュラー購入に必要な初診料、継続使用で費用を抑える

トリキュラーをお勧めする医師トリキュラーをはじめとする低用量ピルの購入はその使用が避妊目的であろうと、治療目的であろうと医療機関への受診が必須となります。そもそもトリキュラーは日本で処方薬として扱われているため、どうしても購入の際には医師の処方が必要になってくるのです。通常であれば産婦人科や婦人科など、トリキュラーの取り扱いを行っている医療機関に受診して、継続的にな服用を開始していくことになります。
ただ、こうした医療機関を利用する際にネックになってしまうのがその初診料です。初診料はそれぞれの医療機関によって金額は異なってきますが、初診料に諸々の検査費用、処方代などをプラスしていくと一度に6000円前後の費用が必要になるケースが多くなってきます。初診料は次回の診察時からかからないにしても、この金額が家計の大きな負担になると感じる人も中にはいるでしょう。
継続利用であれば尚のこと、かかる費用は最小限に抑えてきたいものです。
そこで活用していきたいのが個人輸入という形での購入方法です。継続的にトリキュラーを服用する場合、処方薬ですべてをカバーしていこうとすると必然的に費用も高くなっていきますが、個人輸入の場合、海外で売り出されているものをより安く購入することができます。ピルシート一枚当たりの単価が非常に安く抑えられているので、結果として家計の負担をかなり抑えていくことができるのです。
個人輸入の方法でトリキュラーを購入するのはある程度服用に慣れていることが条件です。トリキュラーは含まれるホルモン成分が比較的少ないとは言われていますが、やはり服用しはじめの頃は副作用の症状が強く出てしまいますし、人によっては服用を中止しなければいけないケースもあります。この判断は素人ではできないので、やはり専門の医師の判断の下、ある程度体が慣れるまでは処方薬での対応がベストなのです。