トリキュラーの効き目について、重い生理痛は解消できるか

トリキュラーをはじめとする低用量ピルは、重い生理痛や過多月経などの症状を解消していくことができます。そもそも、生理痛が重いという症状、月経時の血液量が多くなるという症状は子宮内膜が過剰に増殖することで引き起こされていきます。
子宮内膜は生理前の段階でエストロゲンという女性ホルモンが分泌されることによって増殖していきます。つまり、重い生理痛は子宮内膜組織の増殖が促されることが、敷いてはエストロゲンの過剰分泌が原因となっていくわけです。
トリキュラーはこのエストロゲンの分泌を抑え、結果的に子宮内膜組織の増殖を改善していくことができます。それによって月経の際の出血量も少なくなり、悩まされていた重い生理痛にも効き目を発揮するのです。
この効き目があることで、トリキュラーは生理痛の緩和だけでなく子宮内膜症や子宮腺筋症などの治療にも用いられています。それだけ低用量ピルの効果が高いということがわかります。
日本の場合、トリキュラーを入手するには産婦人科などの診察を受けた後、処方箋をだしてもらう必要があります。トリキュラーはその効き目の良さから処方薬として活用されているのです。中にはこうした医療機関での診察を受けずに、個人輸入という形でトリキュラーを購入するという人もいます。
ピルは通常、飲み始めの数週間に頭痛や吐き気などの副作用が出てくることがあります。体との相性によっては薬を変更する必要もあるため、個人輸入という形をとる場合には、できるだけ自分の体に合ったピルを選んでいくようにしましょう。
最初の購入は医療機関を利用し、ある程度その服用に慣れたころには個人輸入でピルを購入する、この方法であればよりその費用を抑えていくことができます。